ニュース&トピックス

地盤保証、全棟付いてます!!

アーニストホームでは、新築物件全棟、地盤保証がついています!

IMG_0861

地盤には強い弱いがあります。

地盤調査をして土質を知り、弱い地盤だった場合のリスクを知ることができます。

土地の地盤が、どんな性質の土で構成されているか。

粒の大きな「砂質土」

粒の小さな「粘性土」

火山灰の堆積による「ローム層」

宅地造成時に盛られた「盛土」

朽木や草木が分解され土と混ざり合った「腐植土」

土の種類によって、沈下、変形のしやすさに大きな違いがあります。

調査の結果、強い地盤であれば地盤補強工事をする必要はなく、「直接基礎」となります。しかし、弱い地盤のため地盤補強工事が必要となった場合、その対策を検討します。たとえば、基礎の下の浅い地盤だけが弱い場合は、セメント系固化材を現地の土に混ぜて強い地盤を作り家を支える「表層地盤改良工法」、地中まで弱い場合は地中に鋼管を圧入して家を支える「小口径鋼管工法」など。地盤補強工事には、強い地盤(支持地盤)までの深さによってさまざまな工法があります。

精度の高い地盤調査を実施することは、本当に必要となる地盤対策(基礎設計・地盤補強工事)を見極めることにつながります。土質を判別できて、真の地盤の強さが分かるSDS試験なら、不同沈下などの地盤事故を引き起こす過小設計も、強い地盤に地盤補強工事をしてしまう過剰設計も、しっかり低減することができます。建てる前のムダな工事も、建てた後の地盤事故も、家計への負担は大きいもの。高精度な調査なら、建てる前から建てた前までトータルに考えた最適解を導き出せるのです。

この高度な調査・解析力に基づいて、建築会社に対して不同沈下を起こさない地盤として品質を保証しています。品質保証期間は工事期間+お引渡しから10年以上です。

ご家族のみなさまに安心していただけるように、万全の保証で暮らしをサポートいたします。